Desire for wealth

Last-Modified: Friday, 25-Aug-2017 18:43:53 JST / PV : 20669559 / Owner : Nihondo

だめちゅんにっき

ひとつ前の記事

デスクトップアクセサリーがおまけでついてくる「うたわれるものらじお出張版」 - 3/25 23:07

ひとつ先の記事

付属写真集と DVD がすごかった〜田村ゆかりベストアルバム Sincerely Dears... - 3/27 16:42

3月26日(月)

がくえんゆーとぴあ まなびストレート!最終回「桜色の未来たち」

「聖桜学園は何も変わっていません。でも、わたしはすこしだけ、変わろうと思います」。

それぞれの未来。進む道は違っても、変わらないものがある、信じられるものがある、だから一人でも大丈夫。がくえんゆーとぴあ まなびストレート!最終回「桜色の未来たち」。

聖桜が実質的に存続するということで、舞台も変わることなく、生徒会メンバーそれぞれの進路が語られるエピローグ回です。

まなびは「学生さんはもう全力で経験しました、だから今度は全力で働いてみたいんだ!」といってフリーター志望。地味だけど、まなびはもうこれでいいんだよね。だってこれはみかんの話だから。

みかんは一大決心して、アメリカ留学を決める。「知らない場所で自分に何が出来るのかを試してみる。キラキラワクワクを一から探してみたい」というみかんの勇気。

だけど、いざお別れとなると辛くて、

「これでおわりなんてやだよ、もっと学校にいたいよう、もっとみんなといたいよう」
「わたし、やっぱりアメリカに行くの…」

と泣き出してしまうみかんに、まなびはきっぱりと首を振って、

「どこにいたって、どんなに離れてたって、一緒だよ、わたしたちは、ずっと」
「だから、行かなきゃダメだよ!」

と背中を押すのでした。しかしまなびも少し泣きながら…。これまで描かれてきた仲間たちの絆に、言葉を与えるならばやはりこのまなびの一言に尽きるのでしょう。

全編通して、一貫してみかんのモノローグでストーリーが語られ、視聴者はみかんの立場、視点を通してまなびをみてきました。つまりこれは、まなび星人に洗脳されたみかんが、同じ志の仲間との絆を深めて、どのように成長していくかという話であったと思います。

だから最終回のまなびはもう活躍しなくていい。学園祭で語りきられたということですね。だからもう校歌を最終回で歌う必要もなかったと。

今回、演出もすごくて、みかんの旅立ちのシーンなんか鳥肌もんですね。仲間達の無言のエールを背にして、スローモーションで搭乗ゲートをくぐるみかんの表情が、ゆっくりと晴れやかなものに変わっていきます。

仲間達も、未練がましく見送るわけでもなく、もうみかんは一人でも大丈夫だ、とばかりに別れていく。かっこいいなぁ。

そして1年半後、ふたたび再会したメンバーたちが、スプレーで思い思いに聖桜学園を彩っていく OP のシーンにつながっていくと。このへんの演出も「やられた」って感じで理屈抜きでうるっとくるところ。

第7話「なつのおしまい(ばいばい)」で、みかんの夢として描かれたシーンが、最終回の再会シーンに連なる。


夢の中ではみんなに追いつけないみかん。まだどこかまなびと自分は違うんだという思いがあったのか。


でも今はもう、みんながそこにいてくれる。信じられる。

そして、第1話「学美星人、あらわる」でのまなびの登場シーンが、最終回のみかんの旅立ちに引き継がれているよね。


「はじまるよー!」と叫びながら聖桜学園にやってきたまなび。


「ばいばーい!」と叫びながら聖桜学園を巣立つみかん。

まなび星人はこうやって、洗脳した仲間をまなびワールドに引き込んで、「まっすぐゴー!」を広めていくのですね。

まったく、みんなして「まっすぐゴー!」で済ませようとするなんて、非常識にも程があるわね…っ!(CV:平野綾)と、最後はツンデレ芽生たん風にしめてみました。

2007/3/26 19:38

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の記事

超時空要塞マクロス 初のオケコン「超時空管弦楽」で涙腺決壊 - 9/18 00:30

東富士演習場で聴く「戦車道行進曲!パンツァーフォー!」は格別 - 8/29 02:28

GPD PocketにOS Xの画面を表示してみたけど年齢的にRetina化が必須 - 8/20 23:51

Nintendo Switchおでかけセットを模索(GPD Pocket/Winでも) - 8/13 19:18

エロマンガ先生 BD 2巻特典CDの耳かき音声が期待以上のものだった - 8/ 7 01:08

iPhoneの非純正リモートプレイアプリでドラクエXIする - 7/30 11:42

「道-MEN 北海道を喰いにきた乙女」はみよしのファンとゆかりんファンは読むべき - 7/23 23:54

スプラトゥーン2の付録めあてでコロコロコミックを30数年ぶりに買った話 - 7/15 23:00

ガルパンシネマティックコンサートが劇場版上映中に生劇伴をあてていく神イベントだったなんて聞いてない - 7/10 00:40

ComicGlass 9.20 で仙花紙を漂白する - 6/29 01:50

さらに以前の記事へ