Desire for wealth

Last-Modified: Tuesday, 15-Aug-2017 01:47:16 JST / PV : 20618678 / Owner : Nihondo

だめちゅんにっき

ひとつ前の記事

Mac版ワンセグレシーバー用ソフト、おねてぃV(One TV)登場 - 2/ 9 12:40

ひとつ先の記事

家庭用になっても金を投入する図式変わらず〜アイマスカタログ第2号発表 - 2/10 23:40

2月10日(土)

Mac 用 USB ワンセグレシーバソフトウェア OneTV を試す

昨日β版が公開されたWin/Mac 両対応 USB ワンセグレシーバ PCTV-hiwasa の Mac 版ソフトウェア One TV を試してみました。

インストールはアプリケーションだけコピーすれば終了。あとは、USB レシーバをさして、アプリケーション OneTV(おねてぃV と勝手に呼んでいる)をダブルクリックするだけ。


ディスクイメージを開くと、構成は大変シンプル。

初回は、チャンネルスキャンを要求されます。


東京を選択して「スキャン」をクリック。


問題なくスキャン完了。

さっそく選局。画面表示は「選局しています...」→「バッファリングしています...」と変わり…。


この間、4〜5秒といったところ。もうちょっと頑張ってー。

やたー!映ったー!

インタフェースもシンプルでわかりやすいし、思ってた以上に使えるぞ、これは。

環境設定もシンプル。シンプルすぎて心配になるけど、まあ、マックらしい。


受信感度が悪いときのしきい値を設定。

まだ選択できる状態になってないけど、リモートアクセスの設定ができる。これは、このレシーバをロケーションフリーにしてしまう機能。つまり、外部のマシンからレシーバがささっているマシンにアクセスして、ワンセグ映像を転送してしまう。


USB レシーバくらい持ち歩けばいいんだけど、受信できないところに行くときとか便利かも。

この技術には QuickTime Streaming Server が使われているようで、そもそも OneTV の「バッファリングしています...」画面のときに、QuickTime 標準のストリーミング開始待ちの画面がでることがある。

まだ、β版ながら、受信の安定した環境ならば問題なく使えそう。気軽に“ながら受信”できる環境としては最適です。

2007/2/10 18:53

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の記事

Nintendo Switchおでかけセットを模索(GPD Pocket/Winでも) - 8/13 19:18

エロマンガ先生 BD 2巻特典CDの耳かき音声が期待以上のものだった - 8/ 7 01:08

iPhoneの非純正リモートプレイアプリでドラクエXIする - 7/30 11:42

「道-MEN 北海道を喰いにきた乙女」はみよしのファンとゆかりんファンは読むべき - 7/23 23:54

スプラトゥーン2の付録めあてでコロコロコミックを30数年ぶりに買った話 - 7/15 23:00

ガルパンシネマティックコンサートが劇場版上映中に生劇伴をあてていく神イベントだったなんて聞いてない - 7/10 00:40

ComicGlass 9.20 で仙花紙を漂白する - 6/29 01:50

Hello Again - 6/25 22:59

Tune-up iTunes 11.1リリース(Mac版 iTunes 11.1対応版) - 9/29 21:47

Tune-up iTunesのiTunes 11.1対応について - 9/26 01:28

さらに以前の記事へ