Desire for wealth

Last-Modified: Friday, 25-Aug-2017 18:43:58 JST / PV : 21256568 / Owner : Nihondo

だめちゅんにっき

ひとつ前の記事

Mac版ワンセグレシーバー用ソフト、おねてぃV(One TV)登場 - 2/ 9 12:40

ひとつ先の記事

家庭用になっても金を投入する図式変わらず〜アイマスカタログ第2号発表 - 2/10 23:40

2月10日(土)

Mac 用 USB ワンセグレシーバソフトウェア OneTV を試す

昨日β版が公開されたWin/Mac 両対応 USB ワンセグレシーバ PCTV-hiwasa の Mac 版ソフトウェア One TV を試してみました。

インストールはアプリケーションだけコピーすれば終了。あとは、USB レシーバをさして、アプリケーション OneTV(おねてぃV と勝手に呼んでいる)をダブルクリックするだけ。


ディスクイメージを開くと、構成は大変シンプル。

初回は、チャンネルスキャンを要求されます。


東京を選択して「スキャン」をクリック。


問題なくスキャン完了。

さっそく選局。画面表示は「選局しています...」→「バッファリングしています...」と変わり…。


この間、4〜5秒といったところ。もうちょっと頑張ってー。

やたー!映ったー!

インタフェースもシンプルでわかりやすいし、思ってた以上に使えるぞ、これは。

環境設定もシンプル。シンプルすぎて心配になるけど、まあ、マックらしい。


受信感度が悪いときのしきい値を設定。

まだ選択できる状態になってないけど、リモートアクセスの設定ができる。これは、このレシーバをロケーションフリーにしてしまう機能。つまり、外部のマシンからレシーバがささっているマシンにアクセスして、ワンセグ映像を転送してしまう。


USB レシーバくらい持ち歩けばいいんだけど、受信できないところに行くときとか便利かも。

この技術には QuickTime Streaming Server が使われているようで、そもそも OneTV の「バッファリングしています...」画面のときに、QuickTime 標準のストリーミング開始待ちの画面がでることがある。

まだ、β版ながら、受信の安定した環境ならば問題なく使えそう。気軽に“ながら受信”できる環境としては最適です。

2007/2/10 18:53

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の記事

サンスイのBluetoothラジカセで超A&Gを聴いて昭和感を出す - 11/28 18:03

ゆかりはゆかり かわりはいないの - 9/28 00:30

超時空要塞マクロス 初のオケコン「超時空管弦楽」で涙腺決壊 - 9/18 00:30

東富士演習場で聴く「戦車道行進曲!パンツァーフォー!」は格別 - 8/29 02:28

GPD PocketにOS Xの画面を表示してみたけど年齢的にRetina化が必須 - 8/20 23:51

Nintendo Switchおでかけセットを模索(GPD Pocket/Winでも) - 8/13 19:18

エロマンガ先生 BD 2巻特典CDの耳かき音声が期待以上のものだった - 8/ 7 01:08

iPhoneの非純正リモートプレイアプリでドラクエXIする - 7/30 11:42

「道-MEN 北海道を喰いにきた乙女」はみよしのファンとゆかりんファンは読むべき - 7/23 23:54

スプラトゥーン2の付録めあてでコロコロコミックを30数年ぶりに買った話 - 7/15 23:00

さらに以前の記事へ