Desire for wealth

Last-Modified: Tuesday, 15-Aug-2017 01:47:29 JST / PV : 20617431 / Owner : Nihondo

だめちゅんにっき

ひとつ前の記事

カプセルワークスコレクション 苺ましまろ お泊まり編 - 7/ 8 22:40

ひとつ先の記事

『えいぎずハイ!』超すげー! - 8/31 03:35

8月30日(火)

ホームスターおもしろし

セガトイズのホームスターを買って一週間ほどになろうか。果たして二万円の価値はありやなしや、と不安だったのは束の間。

品薄なのか、Amazon のマーケットプレイスやオークションサイトでは、足下を見た価格になっているようである。

百聞は一見にしかず。部屋の天井に広がる満天の星空。

ホームスター

うっわ、結構すげーじゃん。写真は FinePix F10 で 15 秒露光したもの。部屋のなかの光源を減らせば減らすほどきれいな星空がみられるのだが、実はこれが結構難しいのだ。

iMac のスリープランプとか、ブロードバンドルータの点滅とか、部屋には意外にも多くの光源がある。それらをひとつひとつ消していって(もちろん消さなくても見られるが)、宇宙の漆黒の部分がより黒くなるように調整していく。

都会から星が消えて久しいが、自分の部屋の中ですら、そんな縮図になっているんだ、と思う。

こうして作り出した星空に、あらかじめ準備した iTunes のプレイリストを重ねてみる。

たとえば、キーワード“Piano”で抽出したプレイリストには、アニメ主題歌のピアノアレンジが集まってくる(どうせライブラリにはアニメ曲しか入ってないから)。もしくは、静かなインスト曲を集めてみたプレイリストを眺めると、ほとんどエロゲの曲だったりする(どうせライブラリには以下略)。

逆に、曲単体で聞いた時に、すでに宇宙っぽい曲は、プラネタリウムに合わない、ということが分かったのも収穫だった。

手をかけて演出した空間は、あまりにも心地よくて、音楽を聞きながらずうっとこの星空を眺め続けていたい、という自分の願いとは裏腹に、あっという間に深い眠りへと誘われるのだった。

本物の星じゃなくても、願い事が叶うとイイナ!おねがい☆

2005/8/30 02:16

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の記事

Nintendo Switchおでかけセットを模索(GPD Pocket/Winでも) - 8/13 19:18

エロマンガ先生 BD 2巻特典CDの耳かき音声が期待以上のものだった - 8/ 7 01:08

iPhoneの非純正リモートプレイアプリでドラクエXIする - 7/30 11:42

「道-MEN 北海道を喰いにきた乙女」はみよしのファンとゆかりんファンは読むべき - 7/23 23:54

スプラトゥーン2の付録めあてでコロコロコミックを30数年ぶりに買った話 - 7/15 23:00

ガルパンシネマティックコンサートが劇場版上映中に生劇伴をあてていく神イベントだったなんて聞いてない - 7/10 00:40

ComicGlass 9.20 で仙花紙を漂白する - 6/29 01:50

Hello Again - 6/25 22:59

Tune-up iTunes 11.1リリース(Mac版 iTunes 11.1対応版) - 9/29 21:47

Tune-up iTunesのiTunes 11.1対応について - 9/26 01:28

さらに以前の記事へ